BIOGRAPHY 経歴
_DSC5247-57.jpg

安藤久美子

東京都出身。京都の竹の撮影を始めたのを機に、2013年より都内写真教室にて神島美明氏に師事。 主に竹や椿など植物を被写体としてファインアート写真作品を制作する。

受賞歴/展示歴

2022年 8th FAPA Fine Art Photography Awards:

     Nominee in Nature Art Category (Amature)

     Nominee in Landscape Category (Amature)

2018年 エプサイト公募展(2018年度第2期)選出
     安藤久美子個展「木魂」

     エプソンイメージングギャラリーエプサイト (新宿)

2017年 3rd FAPA Fine Art Photography Awards:

     Nominee in Fine Art Category (Amature)

     Nominee in Landscape Category (Amature)

2016年 「神島塾4期生展」 72 Gallery, T.I.P. 京橋

Artist Statements:

 写真で表現することは、私にとって自分のアイデンティティーを確認する大切な作業だ。 自分に組み込まれた美意識のセンサーに反応した対象物を、私自身のフィルターを通して 目に見える形で表現することができる。

 写真を始める前、自分のアイデンティティーを模索していた頃に、日本画への憧憬を強く抱き始めたことから、 私の作品には日本画によく見られる自然のモチーフや余白などの要素を取り入れている。 竹や椿など樹木の表情だったり、自然の中の「存在」を取り扱っているのは、単なる擬人化ではなく、 古代の日本の自然観や自然崇拝、アニミズムの思想にリンクしている。

 

 私の表現が言語を超えて誰かのセンサーに心地よく反応し、日本の自然や思想に目を向けるきっかけとなれば嬉しい。